上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
5週間目という切りのいい日付なので、5日MAのデータを体脂肪率でも適用して、5日移動平均で最初の値と最後の値の差を取って、どれだけ体脂肪と筋肉が減ったかを計算してみた。

体脂肪率はばらつきが大きく、そのままでは使えないので、移動平均などのスムージングの手段を使うほかない。

そうなると遅行指標になってしまって本当にダイエットを始めた最初の値ではなくなるが、それは仕方ない。

体脂肪率の5日MAを毎日の朝のグラフに追加すると、以下のようになった。

朝の体重と体脂肪率 5日MAグラフ


体脂肪率も順調に減っているように見えるが、グラフは軸の縮尺でいくらでも見え方が変わるので、これだけでは減り方のペースとして順調かどうか分からない。

体重の5日MA、体脂肪率の5日MAにおいて、最初の値と最後の値を取り、体重×体脂肪率=体脂肪量を計算した。

体重-体脂肪量は筋肉だけでなく骨や水分などが含まれるが、筋肉以外はダイエットで減る値ではないので、除脂肪体重の最初と最後の差は、筋肉量の差として差し支えないと考えられる。

そのようにして計算した差分の値、つまり減った体重・体脂肪量・筋肉量は以下のようになった。

減った体重:3.04kg
減った体脂肪量:2.27kg
減った筋肉量:0.77kg


比率で言えば、減った体重のうち体脂肪分は75%、筋肉分は25%ということになる。

ダイエット期間中はずっとジムで筋トレしていたし、体中のあらゆる筋肉をジムの筋トレという人工的な運動で鍛えられるわけでもないので、たぶん減った筋肉は内転筋やインナーマッスルなどではないかと考えられる。

体をひねったり横方向へ動く際の筋肉は、普通の筋トレの動きではなかなか対応できないし、やっている部位の筋肉にしてもこの期間中に持ち上げられる重量は基本的に上がっていないので、体重を減らしながら筋肉をつけるというはやっぱり不可能ですな。
関連記事
2012.10.21 Sun l ダイエット法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nekoinuwannyan.blog.fc2.com/tb.php/88-03c5f220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。