上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
まあ飲まなくて食べなければいいわけだが、それだと結局飲み食いした後に体重が戻るわけで、やはり運動するのが望ましい。

脂肪1kg当たりのカロリー量は7000kcalと言われているので、0.2kgの脂肪は1400kcalということになる。

今日1日で1400kcalの熱量を消費する運動として何ができるのかを、「運動 カロリー」でぐぐって最初に来たアフィリエイトサイトのページを見ながら考えたところ、自転車がいいだろうという結論に達した。

ジョギングでは3時間は走ることが必要で、いきなりそんなに走ると故障を招くかもしれないし、それを回避できたとしても明日からしばらく筋肉の炎症で動けなくなるだろうし、腹筋を2時間続けるのも無理だ。

表を見れば水泳が一番効率がいいわけだが、どこのメディアを見ても水泳のカロリー消費量が高く表示されているのは、かねてから疑問に思ってきた。

ジョギングは(160m/分)などのように運動強度が明確に表示されているのに、水泳では(クロール)(平泳ぎ)と泳法しか表示されていない。

プールで平泳ぎをしていてほとんど前に進んでいない人がいるが、あんな泳ぎ方と水泳部の連中がやっている泳ぎ方のカロリー消費量が同じはずもない。

実際、以前に見た外国のページでは水泳のカロリー消費量がかなり低く書かれていた。

体育の授業で習っただけの素人が自己流でクロールをやる場合はそんなもんだろうと思うし、普通の25mプールで他の一般人がいる中でそんな全速力の泳ぎを続けられるわけもない。

サイクリング(時速10km)では1時間で360kcalの消費量になるので、4時間やれば1400kcalは超えられるし、サイクリングなら何時間続けても体が故障することはまずない。

堤防沿いを走れば時速15km以上で走り続けることもできるから、もっと多くの消費量になるはずだ。

関連記事
2012.10.20 Sat l ダイエット法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nekoinuwannyan.blog.fc2.com/tb.php/84-25d7dd33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。