上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
withings body scaleのサーバが相変わらずの状態なので、火曜日以降のデータが更新できない。

ここ数日サーバは駄目な状態だが、一方で体の便通の方はかなりよくなった。

その原因は間違いなく、こんにゃくを口にするようになったから。

糖質制限ダイエットで便秘になる人は、体質によるだろうが、かなり多いはずだ。

というのも、炭水化物の栄養成分の構成は

炭水化物=糖質+食物繊維

ということになっているからで、糖質を減らすためには炭水化物を口にするのを止める必要があり、それは食物繊維も口に入れないことを意味するからだ。

もともと男のくせに便秘がちな体質だったが、このダイエットを始めて4日に1回くらいのペースになり、切れ痔になってボラギノールを買って治療する羽目になったりもした

そこで便秘を治すために、ロート製薬の和漢箋を飲んだり、ブログには書いていないが小林製薬のナイシトールも試し飲みしていた(両方とも同じ成分だが)が、最初は効果があったが徐々に効かなくなっていった。

しかし、肉野菜炒めにこんにゃくを入れたり、サンラータンにこんにゃくを入れて食べたりしたら、その効果はてきめんで、食べた翌日には数日間の便秘が嘘のように解消された。

体質にもよるだろうが、ダイエットをして便秘になって悩んでいる人には是非こんにゃくをオススメしたい

製薬会社の高くて効かない怪しい漢方製剤に頼るより、安くて手軽なこんにゃくを食べるほうがよっぽどいい。

こんにゃくは臭いも食感も独特なので、フライパンの料理には合わない。

料理好きな人であれば煮物や味噌田楽を作ればいいだろうが、ずぼらで手間隙かけるのが面倒な人は、サンラータンなどのスープや汁物に入れて汁に絡めて食べるのが一番いいだろう。

関連記事
2012.10.18 Thu l ダイエット法 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nekoinuwannyan.blog.fc2.com/tb.php/78-41d9761f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。